顔も知らないあなたへ

 

僕がツイッターで

あなたをフォローし始めたのは

もう5年前のことでした。

 

しばらくは僕が一方的に

ツイートを読んでいただけでしたが、

あなたが3年前の10月5日に

僕のことをフォローしてくれた瞬間は

飛び上がるように嬉しかったです。

 

でも、変に嬉しがるのも気持ち悪いかと思って、何も反応せず

なんてことないふりをしていたのですが。

 

だけどそれっきり、

一度もツイッター上で

会話をしたことはなかったですね。

 

もちろんリアルで会ったこともないし、

ただ、ごくたまにお互いのツイートに

いいねを付け合うという、

それだけの関係が続いていましたね。

この関係が僕には心地よかったです。

 

僕はあなたのツイートする言葉が

とても好きです。

 

言葉がいつもなめらかで綺麗で、

好きなものについては

ひたすら何十ツイートも

語り続けたりするけれど、

それでいてどこか厭世的で、

世界が滅茶苦茶になることを

いつも望んでいるような、

そんなところに惹かれます。

 

ツイートには人間が現れるものなので、

実際のあなたも

とても魅力的な人なのだろうと思います。

 

えっと、ちょっと何が言いたいか

わからなくなってきました。

すみません。

 

いや、簡単なことなのですが、

僕があなたという人を

すごく素敵だと思ってるということを

伝えたかっただけなのです。

 

それを伝えることで、

最近不安定そうなあなたが、

ちょっとでも自分に自信を持って

良い感じになれたらいいな、

と思っただけなのですが。

 

もしよかったら一度会って

食事でもしてみませんか。

 

あなたのツイートから推測すると、

多分僕とあなたはそう遠くないところに

住んでいるはずなのですが。

某私鉄沿線ですよね。

 

いや、すみません、気持ち悪いですよね。

忘れてください。

僕みたいな何もない人間が

あなたと会っても釣り合うはずがないことは

わかっています。

 

僕はあなたがネット上に

公開している文章を全て読んでいるので、

あなたが好きな人間が

僕みたいなタイプではないことは

わかっています。

 

ただ、よくわからない感情が膨らみすぎて

どうしようもなくなって、

こんな手紙を書いてしまいました。

 

なんだか恥ずかしくて

死にたくなってきました。

いや、死なないですが。

なんとか生きていきます。

あなたも死なずに

なんとか生きていってください。

 

あなたはあなたが思うほど

だめな人間じゃないと思います。

むしろすごく魅力的だ。

 

そう思っている人間が

世界に最低一人いるということを

知ってもらえれば満足です。

 

ゴキブリは一匹見つけると

十匹いるというから、

あなたのことを素敵だと思う人も

この世界に十人はいると思います。

いや、多分もっといます。

 

ないと思いますが、

もし僕があなたの力になれることが

あったら言ってください。

 

僕にできることならなんでもします。

もし気が向いたら連絡ください。

遊び半分や冷やかしでいいので。

 

あ、面倒臭かったら返信はしなくて大丈夫です。

全く気にしません。

 

【書き手】

pha

 

妄想ラブレターとは

中学の頃好きだったあの子、

高校のとき一緒に帰っていた彼、

大学で一瞬いいなと思ったあの人……。

 

恋の片鱗はどんなときにもあったけれど、

「好き」という言葉を

伝えることができた相手は、

思ったより少ないのではないのでは?

 

それぞれが胸のなかに秘めた「好き」を

思い出すきっかけにしてほしくて、

『妄想ラブレター』の連載を始めました。

 

寄せられるラブレターは、すべて妄想。

書き手の実体験をもとにしたものや、

どこかで聞いたような話も

あるかもしれませんが、

どこまでもフィクションです。

 

でもその中につづられた

「好き」に触れるうち、

あなたの中の甘酸っぱい思い出が目覚める…

なんてこともあるかも?

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。