こだわりの浴衣選び(夏の暑さで金が溶け、溶けたお金が浴衣に変わる)

北海道でも暑い日が続き、夏らしさを感じるようになりました。
みなさん今年の夏はどのように過ごしますか?夏といえば・・・?
夏といえば!
そう!

借金!!

どうも、呉服屋借金女です。
周りの女の子が夏に向けて「水着のためにダイエットしなきゃ〜」「BBQするから日焼け対策しなきゃ〜」と口々にするこの頃。

私は毎年「借金しなきゃ〜」

 

ということで、今回は私がどのようにして呉服屋借金女になったのかお話します。

 

数年前の初夏。いつもの整体屋さんで背中を揉まれながら夏のイベントの話をしていました。私が「やー今年浴衣買おうと思ってて〜」と何気なく言った時、整体屋のお姉さんが突然「浴衣は買うんじゃない。作るの!」って言いながら背中をギューーーー!(めちゃめちゃ痛かった)

 

和服に熱いお方でした。「なるほど、浴衣は作るものなのか」と痛みを持って知ったわけです。そして整体屋さんからまっすぐ呉服屋さんに行きました。この行動力よ。

 

初めての呉服屋です。店内の雰囲気も和服の相場も分からずドキドキしてましたが「まぁ座って」と、おばあちゃんがカステラを出してくれました。おじいちゃんがこの食器の話をしてくれました。

コーヒー飲みながらほのぼの。田舎のばあちゃん家みたいだなぁ。

 

しばらくして「で、何見にきたの?」

いや、やばくない?呉服屋やばくない?(最高)

 

店内にはたくさんの反物が転がっていました。小さい花柄、大きな花柄、猫柄やビール柄などユニークなものも。今まで見てきた既製品の浴衣は、どれも似たり寄ったりだったので新鮮に感じました。

 

私の体型や顔立ちに合う柄をいくつか選んでいただきました。どうも小さい柄や淡い色が似合わないらしく、「これ変」「これも似合わん」と容赦ない。「今年の新作だから」という理由で高い浴衣を無理やり買わせることなく、本当に似合ってるものしか売ってくれないプロの姿勢を感じますね。

 

いくつか選んでいただき、その中で特に気になったのはこちらの反物。 

 

雪花絞りです。

目の冴えるような美しい色と、大きな花柄でインパクトがありますね。生地を三角形にたたんで染める手法のようです。店内にいくつか雪花絞りの反物がありましたが、どれも花の大きさや色の濃淡が若干違っていました。オレンジ×紺色、赤×黒、紫×黄色など配色も様々。職人さんが一つ一つ染めているので同じ反物はもう二度と作られないのです。これは世界で一つしかない、唯一無二の反物。私はこういうのに弱い。種類がありすぎて迷ってしまい、「ちょっと値段でも見るかな〜」と何気なく値札をペロッとめくると、

 

あぁ…桁が多いなぁ…(当然)

 

値段にビビって雪花絞りを諦めようと別の柄に目をやると、「分割払いできるよ!」「利子も手数料も期限もないよ!」

はい買いまーす!

即採寸、購入手続きを終え、コーヒーをおかわりして帰宅です。
私は買いました。13万円の借金をしました。後藤あゆみ史上初めての大きな買い物でした。母にはしばらく言えませんでした。

 

こんな大きな買い物してよかったのだろうか、こんな素敵な浴衣を着てどこに行けばいいのか、そもそも浴衣を着て出かける予定なんてないじゃないか。

夏の暑さで金が溶けたんだ。夏だから仕方ないんだ、暑いから。そんなことを自分に言って納得させ、後日、仕立て上がったとのご連絡が。

 

ドキドキしながら封を開けると、綺麗にたたまれたお浴衣様が…!あれ、麻の香り…?

 

浴衣を着て汗をかくと、布が肌に張り付いた経験ありませんか?

脚に張り付くととっても歩きにくいですよね。いつまでもベタベタと。しつこい奴は嫌いだと。早く脱ぎたいと。既製品のプリント浴衣の生地は綿がほとんどです。汗を吸っても乾きが遅く、いつまでもベタベタして着心地が悪いのです。

しかしこちらは麻が一緒に織り込まれているので風通しがよく着心地が大変良いです。裏地もついてスルスルと肌を滑らせて着ることができます。

 

私と同じ身長153cmの方。浴衣を選ぶとき、レディースのSだと大きいし、キッズサイズだと柄がちょっと…って悩みませんか?

レディースコーナーとキッズコーナーを行き来する24歳女性。恥ずかしすぎる。しかしこれはオーダーメイドなので、自分の身長と腕の長さもぴったり私サイズです。

 

反物から作ってよかったなぁ。教えてくれてありがとう、整体屋のお姉さん。

 

↑浅草寺

すっかり和服の虜になった私は、毎年夏に十数万円を溶かしています。母には「いいカモだねあんたも」と言われてます。私もそう思う。

 

今持ってる浴衣は雪花絞りの他に、

菖蒲柄

 

ハイヒール柄

 

ハイヒール柄、良すぎませんか?こんなの見たことないですよね。去年の展示会で見つけて2秒で押さえました。和服は一期一会。同じ反物はもう作られないのだから、出会った時が最初で最後かもしれないのです。前述のとおり、私はこういうのに本当に弱い。

そして5月某日、カモは展示会に現れました。

毎年浴衣作ってるし、たくさんあっても着れないし、今年はいらないけど。まぁ挨拶するだけ、顔見せるだけだから。
ほ〜、今年の新作こんな感じなのね〜

 

あら、いいのね〜

【速報】カモ、無事今年も浴衣帯下駄を購入

どれを買ったのかは仕立て上がるまでお楽しみに。
金が溶けるほど暑い夏、浴衣を着てどこに行こうかな。

 

↑お土産にどら焼きをいただいてご機嫌の借金女

支払い頑張ります。

しぶや荘がコラボするプロモーション企画

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。