momocafeで二児の母になる

先日、ツイッターでアンケートを行いました。ご協力ありがとうございました。
こちらの結果をご覧ください。

今回は猫の話です。

(アンケート無視)

 

どうも、2児の母です。
今日も娘たちは家の中をピコピコと走り回って、壁やカーテンを破き、花瓶を倒すなどの活動に励んでいます。

「やめてー!」と言うと「ィヤーン…」と小さく鳴いてお腹を見せるので、「もーかわいいなー!!!」と怒りながらめちゃくちゃ撫でてます。私が寝ると2匹(計8kg)が乗って来て息苦しくなり悪夢を見て、朝起きると布団は毛まみれ。

2匹いると被害は2倍。いや、2乗。でも寂しくなったら膝に乗ってきたり、帰宅するとスリスリしたり。幸せも2乗なんですよね。

 

娘たちとは去年の9月、「森の動物たちが集まってくるおとぎ話のようなカフェ」で有名なmomo cafeさんで出会いました。(知らない人はググって)

 

お店で保護されていたときの写真がこちら

超ベイビー!!!

納屋で見つかった5匹の天使ちゃん。2匹はこのカフェの見習いアルバイトになり、1匹は引き取られ、あと2匹が飼い主募集中でした。
小さい天使ちゃんたちはとっても甘えん坊で、手に乗ってきたり走ってきたり、尊く愛おしくてもう涙目の私。あまりの可愛さに心を奪われ、ほかの人に渡したくない欲が出てしまいました。

もし納屋で見つかっていなかったら、もし今日カフェに来ていなかったら、この天使ちゃんには出会えなかったのだ。この出会いはきっと運命なのだ。

親に相談することもなく、気づいたら「2匹もらいます」と言ってました。

 

猫の道具を一式揃えて後日、お迎えの日

ンンンンンン!!?かわいすぎるね!!?

ちっちゃくてフワフワの天使ちゃんが重なって寝ているではありませんか。同じ顔した美人のハチワレニャンコ。なんて優しい世界なんだ。こんなことがあっていいのだろうか。ほかのお客さんに「今日からうちの子になるんですよ〜」とか自慢してる自分。今思うとウザすぎる。

 

2匹が保護された日から今日まで面倒を見てくれた黒猫ビビちゃん。

森に連れて行ったり一緒に寝たりしてくれました。実はこのビビちゃんもこのカフェに来たときは超ベイビーで、モフモフちゃんに面倒を見てもらっていたようです。

ここにはたくさんの猫ちゃんがいて猫同士で面倒を見たり教えあったり、完全に猫社会が成立していました。(すごすぎる)

 

帰りの車中、猫が猫をフミフミして、猫同士で舐め合いっこが始まりました。本当に仲良し姉妹で母は嬉しいです。

 

「猫美味しい!猫美味しい!」ぺろぺろぺろぺろ

顔を見てから名前を決めようと思っていたので、車中で考えることにしました。大切なものに名前を付けるのって結構難しいですね。両親も私に「あゆみ」と名付ける時たくさん悩んだのかなぁ、と思うとなんだかエモい。マジ親サンキュー。

あれでもない、これでもないと色々考えますが、こんなときでも酒の名前しか出てこないのです。私は悲しい。ここで私が酒女であることを再認識します。そうして決まったのが

元気いっぱいの「澪」

お上品な「絹」

 

お店にいたときは2匹とも「子猫ちゃん」と呼ばれていたので、これからはいっぱい名前で呼んであげたいです。親バカだけどうちの子結構美人だと思います。鼻ピンクなんですよ〜

 

しつこく呼ぶので無視されてますが可愛い名前で気に入ってます。国士無双ちゃんとか越乃寒梅ちゃんみたいなゴツい名前にならなくて本当によかった。

うちの天使ちゃん可愛いのでよろしくお願いします。ちゅーるが好きです。待ってます。

 

お気づきな方もいるかもしれませんが、
澪の由来はこちら

 

松竹梅白壁蔵の「澪」。スパークリングの清酒です。スーパーやコンビニにもあるので飲んだことがある方も多いのでは。

甘さと若干の酸味を感じますが、実は糖類・酸味料不使用なんですね!結構甘いのに!お米由来の甘さだとわかります。

 

初めて飲んだのはハタチだったと思います。その頃CMしていた女優の杏さんが好きで買いました。いやーチョロい。日本酒は飲んだことなかったので抵抗はありましたが、飲んでみるとなんとも爽やか、臭くない、そして甘い!炭酸も強すぎず微炭酸くらいで、味の邪魔をせず心地よいシュワシュワ感が好きです。アルコール分が低いので、初めてという方も気軽に飲めますよ。女性もぜひぜひ。

澪ドライが出てからはドライの方を飲んでます。ドライだと甘すぎずキレを感じるので、甘いのが苦手な方はこちらをオススメしたい。

 

今知ったのですが、澪専用グラスが存在するらしい。欲しいんですが。。

だって私の飲み方これよ。直よ。

 

そして絹の由来はこちら
純米吟醸 大雪乃蔵 「絹雪」

 

旭川にDJしに行ったときにクラブで出してもらいました。旭川のショットは日本酒(最高)
このときめちゃくちゃ酔ってDJしていたので前半の記憶が無いのですが、後日「テクノやってたのに途中から目を覚ましてハウスやり始めたよ」とのことでした。酔うと暗いテクノ聴きたくなりませんか。あ、私だけですかね。あれ以来日本酒ショットが怖いです。あと次々飲ませてくる旭川人もちょっと怖いです。

 

大雪乃蔵も好きですが、絹雪は特に美味しい!違いはきっと口当たりかな?口に含んだときになめらかさを感じました。まさに絹のような。すーっと入ってきます。香りが豊かで甘すぎず、…だった気がするなぁ。また飲みたいので旭川行ってきます。

 

ウィスキーを飲むことが多いですが、日本酒も好きですよ。

ここからは日本酒の話

(※日本酒の起源は古いので諸説ありまくり注意です)

 

日本酒の起源はなんと弥生時代、「口噛みの酒」が最初だと言われています。”””あの”””口噛み酒だよ、みんな大好き”””あの”””三葉ちゃんの口噛み酒だよ。酒造りは巫女さんのお仕事だったんですね。

 

日本酒は地元の食文化に合うように、地元の水と米で造られてきました。一緒に飲むことで地元の人たちを結んだり、地元を離れてもふるさとを思い出したり。「地元みんなのお酒」「いつもの酒」なのです。

以前他県の人と日本酒を飲む機会があったのですが、お互いの地元のお酒を飲みながら地元の話をして、相手を知るきっかけにもなりました。あまり覚えてないけど楽しかったです。

 

ちなみに、普段日本酒をどのように注いでますか?

 

徳利の注ぎ口、キュッと絞られていますね。まさかの、このキュッとなってる部分を上にして注ぎます。
は?なんで絞った?って思いますよね。

この形をよく見て。

注いでる相手側から見ると、桃みたいな形になりますね。

如意宝珠に似ていませんか?

如意宝珠とは、仏教で「願いを成就させる、意のままに願いをかなえる宝」みたいなもので、縁起の良いものなのです。相手に敬意を表す意味もありますよ。

 

女さんはお酌するときに意識してみてくださいね。話してみるとちょっと盛り上がるかも?

 

↑ご機嫌になると中指が自分の意思で立ち上がる。
(私が立てているわけではない)(記憶はない)

しぶや荘がコラボするプロモーション企画

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。