猫よ、何故そんなに可愛いのだ。

(まぐ    110ヶ月  スコティッシュフォールド)

 

『まぐ』

それが僕の名前だ。

この年の6月夕暮れ時、薄ピンクの7畳半の家に連れて来られた。

髪の赤い女が僕の飼い主になった。

 

どうやら僕は外には連れ出して貰えないようなので、この部屋から見えるもの以外はわからない。僕のわかる範囲の話をここでしていこうと思う。主に飼い主の女が僕に教えてくれる事を。

 

クソビッチ

 

飼い主の女は友達がやたら多いのか、次から次へと我が家へ人がやって来る。

朝でも昼でも夜でも関係なくやってくる。

 

僕が気持ちよくお昼寝していると飼い主の女がかれんクソビッチLINEの名前を登録している女が遊びに来た。

この女はクソビッチだからこの名前なのではない、マインドがクソビッチと飼い主の女は言う。

 

聞いてみると、彼女は突き抜けたぶりっ子だ。しかも男性に対してのみ。

 

(同じポーズで昼寝をするまぐとクソビッチ)

 

そんな女がこの世に本当にいるんだ!と、驚いた飼い主の女は彼女に一度訪ねた事があるらしい。

「そんなにぶりっ子で疲れないのか?」と。

 

随分失礼な質問だが、彼女は「可愛いは生まれ付きで、ずっとこう(ぶりっ子)だから疲れないよ。みんな(男性は)喜ぶし、かれんは可愛いしウィンウィン」と答えられたらしい。

 

それがきっかけで友達になったと話してくれた。

友達になれる理由って色々あるんだな。

 

 

大体の男性は、ぶりっ子に可愛いくスキンシップされると、自分に好意があるのかと思っても仕方がない。

それなのにクソビッチはただチヤホヤされる事、モテる事が趣味らしいので「好きになられても」というスタンス、ましてや好意を持たれている事に気付かず可愛いかれんを振り撒き続けるという。

蒔いた種に水を与え続け、収穫しないというところだ。

 

男性達からしたらたまったもんじゃないな、と飼い主の女は笑っていた。

僕も可愛さを撒き散らして生きている側なので、クソビッチにわからんこともないぞと目線を送っておいた。

 

(特技:あざとい顔)

 

これだけならまぁよくいる可愛い女の話だが、このクソビッチはやはり只者ではなく異常にブスに厳しい。ブスに親でも殺されたのかい?と思うほど嫌いらしい。

 

ブスと言っても一概には言えないし、それぞれの概念があるだろうが、クソビッチ曰く「こんなに可愛いかれんですら、更に可愛いと思われる努力をしてるのに、なんでそれをしないのか。それがブスだ!」という。

 

「だからと言って、自分以外がチヤホヤされるのは嫌なんでしょ?」と飼い主の女が言うと「かれん以外の可愛い女いらんねん。」と言葉を吐き捨てた後、

「でもブスって良いよね、整形できるから。性格が悪いのは金出しても治らん。」と言っていた。

 

どうやら自分の性格の悪さは自覚があるらしい。

飼い主の女は「それあんたの暮石に刻んでおくね。」と言っていた。

 

こんな頑丈なメンタルの持ち主でいながら、一般OLらしいから笑ってしまう。

アイドルにでもなれば良いのにと思ったが、「このレベルだからかれんが一番になれる。そっちのフィールドで闘うのはめんどい。」と言ってたよ、と後で飼い主の女が教えてくれた。

 

なるほど、可愛いの世界も大変なんだな。僕は闘わずとも毎日可愛いと言われてるけどね。

 

飼い主の女は口では散々言っておきながら、こんな面白い女を題材にしないのは勿体無い!と曲を作ったそうだ。

MVにクソビッチ本人が出演している。

おいおい、本当にこれで良いのかよ、とクソビッチの顔を覗き込むと、可愛いね~と首をひっきりなしに撫でた後、家を後にした。良い女だな。

 

dis girl – ナナちゃんリジー

(載せておくので見てね。飼い主の女より)

 

クソビッチが帰った後、ゴロンとベットに寝転びながら「いいなー私も何か貫きたい!」と言い放ち、生粋の腐女子の友達から借りたBL漫画を読んでいる。

(早く寝るぞ!と誘うまぐ)

 

そういうことじゃないと思うんだけどなーと思いながら、僕は眠りにつくのであった。

 

おやすみ、また明日も一緒に二度寝しようね。

ナナちゃんリジーのプロフィール

宮崎県出身、9月28日生まれのシンガーソングライター。猫好き。

 

2016年から東京で音楽活動を開始して、精力的にライブ活動を行なっています。2018年6月30日に1st Mini Album『裏情報』を発売しました 。

今はyeahsというバンドを組んで頑張ってます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。