ウィスキー第一歩を踏み外すんじゃないよ

「いい感じのウィスキー教えてよ!」
と言われると、ウィスキーに興味を持ってくれたんだな、と酒女は嬉しくなる。

せっかくなのでいいスタートを切ってもらいたい。できるだけ好みに沿って、さらに視野が広がるように勧めていきたいと思う。

 

「じゃあ例えばどんなウィスキーが好み?」と聞くと、

「わかんない!とにかくオススメのやつ!」と返ってくることが多い。

あいかわらずぶっ叩きたくなる返しである。

 

例えばね、「なんかいい感じの女の子紹介してよ!」と聞かれたら、
癒し系、可愛い系、きれい系、ギャル系、とかたくさん路線があるわけじゃないですか。

 

フリージアの香りがする子がいいよ~、とか。

スパゲッティのこと「パスタ」って言う子はやだよ~、とか。

だいたいの好みあるじゃないですか。

 

それなのに「わかんない!なんかいい子そうな子!」とか言ってくるやつには「なんで私じゃダメなのか」と小一時間問いただして圧かけて滅します。

 

「なんかいい感じの四つ打ち紹介してよ!」と聞かれたら、ディスコっぽい、テクノっぽい、重いの、明るいの、とか大まかなジャンルあるじゃないですか。

 

「わかんない!オススメみたいな曲!」とか言ってくるやつにはBoards of canadaとAmeしか聴けない体にして沼に落とします。


沼落ち必聴4枚

 

ということなんですよ。

 

でもまぁ、私のざっくりした聞き方も悪かったんだろう。
バーで「ハイボールのストレート!」というオーダーを聞いた時、“居酒屋の「ハイボール」と名付けられているハイボールではない何か”しか飲んで来なかった人もいるということを知った。

 

分からないけどとにかく飲んでみたいよ、という方はスペイサイド地方のピート臭くないものから入ってもらいたい。

グレンフィディック

ほんとすきよ。
どこのバーにも必ずあるので飲んでほしい。フィディックと出会って5年、ずっと飽きずに飲んでます。フルーティーで軽やか。バーに行って1杯目はこれのハイボールをカーッと飲んで息を整える。
フィディックを飲むと「ウィスキーっておじさんが飲む臭いやつでしょ」という固定観念が音を立てて崩れます。

ザ・グレンリヴェット

歴史を知ると、この「THE」の3文字を大事にしたくなるね。あなたは唯一無二なのよ。
後から買ったのに減りがダントツで早いです。どんなときも飲みたくなる。シーンを選ばない高コスパウィスキー。
パイナップルのようなトロピカルな印象。15年、18年とあるけれど、レギュラーの12年で全然満足しちゃってます。原点にして頂点は存在するのかもしれないな。

グレンモーレンジィ

こちらはハイランド地方。この気品漂う美しいボトルに一目惚れ。私はちょろい。
ボトルとラベルは酒の顔だと信じている。ぱっと見の第一印象も大切な出会い。この佇まいにぴったりのフローラルな香りにうっとり。
フゥ~~~ン…と鼻から抜けるパッション。これ飲んでる時の自分、だいぶ腹立つ顔してると思う。

 

酒だけじゃなく何事も、はじめの一歩は導いてもらうのがいい。家ではなく、ぜひバーで飲んでいただきたい。店の雰囲気も、バーテンダーの言葉も、はじめの一杯を素敵な出会いにする大切な要素になる。

 

なんか自分うざいこと言ってません?酔ってるので許して。

後藤あゆみのプロフィール

1994年4月7日生まれ (カルロストシキとジャッキーチェンと同じ誕生日)。

北海道在住。普段は白衣をまとい臨床検査技師として細胞と戦う日々を過ごしています。

 

休日はDJ(House,Techno)、モデルをしています。

後藤あゆみと検索するとプロボクサーがヒットしますが、全くの別人です。

あまりにもヒットするので、もういっそのことボクシングをやった方がいいのかな?と思っています。

 

和服が好きで、北海道着物親善大使としても活動しています。呉服屋さんに借金しがち。

 

元バーテンダーなので酒は全般好きでわりと酒と共に生きています。

特に好きなのはシングルモルト。自宅のカウンターで猫を撫でながら飲んでいます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。