ナプエは最高だから

どうも、酒女です。

 

今回はジンの話。

 

2016年、京都のドライジン「季の美」が発売されました。その後、大手も小規模も参入してきて、わずか数年で国産クラフトジンブームを巻き起こしました。

国産ジンの魅力は海外へも伝わり、2018年のジン輸出量は前年比6倍。とんでもねえ数です。

 

ウィスキーばかり飲んでいたのであまり詳しくないのですが。バーで急にみんなが「ジン最高!ジン最高!」って言い始めたのを肌で感じていました。

いや、ジンはうまいさ。知ってるって。前から最高だって。どした急に。と冷静に見ていたのですが。

頭頂葉にガツンと響く美味さのジンに出会ってしまいました。

キュロ ナプエとは

 

 

目から星出ました。気づいたら私も「ジン最高!ジン最高!」って言ってました。すいません。

 

フィンランドの若者5人が作ったジン。

口に含むと圧倒的ボタニカル。口の中は大草原。

 

フィンランドに自生しているハーブがたくさん使われていますが、うまいこと調整されているので飲みにくさは感じられません。ベースのライ麦が少し刺激的でいい感じ。

 

ハーブとかコリアンダーとか、好きな女子いるよね〜。「ボタニカル」って書いてあったら、とりあえず買っちゃうよね〜。わかるよ。私ハーブ好きすぎてもりもり栽培してたから。ボーボーに生えてしまい食べ切れなくて、最後は全部刈り取って餃子に入れたから。そんなハーブ女さんはぜひ飲んでくれよ。

 

フィンランドといえばライ麦パンが主食。地元愛を感じられるお酒っていいですよねぇ。

しかもライ麦でお酒を作るという未曾有のアイディア、友達同士でサウナに入ってるときに思いついたってのが面白い。

 

2015年にIWSCによって「Gin&Tonicのための世界最高のジン」と表彰され、2016年にSan Francisco World Spirit Competitionのプレミアムジンシリーズで金メダルを獲得しました。

 

家ではストレートかロックで飲みますが、なんだかんだジントニックがいちばんうまいような気がしてます。

 

ジントニックはジン・ライム・トニックウォーターで作るカクテルですが、私はあえてライム抜いてます。

炭酸水は使わないでほしい。昨今の強炭酸ブーム、解せぬ。シュワシュワすればいいってもんじゃないよ。

 

トニックウォーターはフィーバーツリーが好きです。

この苦味、たまらん美味いです。炭酸が強すぎないところも推せます。

 

それではドヤ顔でさようなら。

(意思を持った小指)

後藤あゆみのプロフィール

1994年4月7日生まれ (カルロストシキとジャッキーチェンと同じ誕生日)。

北海道在住。普段は白衣をまとい臨床検査技師として細胞と戦う日々を過ごしています。

 

休日はDJ(House,Techno)、モデルをしています。

後藤あゆみと検索するとプロボクサーがヒットしますが、全くの別人です。

あまりにもヒットするので、もういっそのことボクシングをやった方がいいのかな?と思っています。

 

和服が好きで、北海道着物親善大使としても活動しています。呉服屋さんに借金しがち。

 

元バーテンダーなので酒は全般好きでわりと酒と共に生きています。

特に好きなのはシングルモルト。自宅のカウンターで猫を撫でながら飲んでいます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。