誕生日

先日、友人が「もうすぐ誕生日だね!」と。

今日はいつですか?何も用意していないですが。すっかり忘れていましたが。えっ、どうしよ。あの、誰の誕生日ですか?と慌てふためいてると、「アンタでしょ!!!」と言われてしまった。私だった。

 

誕生日、忘れている。気づいていない、と言う方が正しいか。

 

夜勤日勤を繰り返し、毎日仕事だけを追いかけていると、日付が進んでいる感覚がまるでない。ボケでもなんでもなく、平気で「2018年」とか書いて書類提出したりする。「いまを生きろよ」とか言われたりする。

 

日頃そんな感じなので、誕生日は覚えているけど、その日になっていることに気づいていない。

同様に、約束の日を覚えているけど、約束の日になっていることに気づいていないこともある。そのせいで一度、悪気はないがドタキャンしてしまったことがある。悪気のないドタキャンなんてこの世に存在しねーんだよすいません。

 

子供の頃は誕生日の1ヶ月前から大騒ぎし、毎日指折りカウントダウン。当日は家族できのとやのホールケーキを食べた。学校では友達が文房具セットや髪留めなどをくれた。よく分からないが、この日だけは私が主役。主役だからプレゼントをもらえると思っていた。

 

社会人になり、誕生日は特別な日でも何でもなく、ただの平日になった。出張先のビジネスホテルで、夜ごはんにカロリーメイトを食べていた22歳の誕生日は、さすがに「この状況はなんだろう」と思ったが。

(翌週実家に帰ったら、両親がウサギの顔面ケーキでお祝いしてくれた。その可愛い顔にろうそく22本もよく刺せたな)

 

私は誕生日が怖い。
いつもは気配を消しているくせに突然現れて、自分の年齢を強制的に自覚させられる。同時に、いかに自分が成長できていないかを知らされる。

 

常識もマナーも教養も、何も身につけることなく、あっという間に大人になってしまった。社会、息しててごめんなさい。組織液が滲むまで地に額をこすりつけて土下座したい。

 

誕生日は「今年こそ、こんな大人になりたい」と抱負を立てるけれど、翌週には忘れている。また日付感覚を失っている。目の前のことを追いかけている間に1年経ち、去年と何も変わっていない自分を見てがっかりする。

 

この1年で私は何を学んだのか。どれだけ成長したのか。思い返しても具体的なものは見えてこない。

今の自分から目を逸らしたい。将来を考えたくない。どうか誕生日が来ないでほしいとばかり願っている。

 

しかし今年は、捉え方を変えてみる。

もし、誕生日という存在がなかったらどうだろう?

我に返ることはしないだろう。自分が今置かれている状況を、自分に今足りないものを考えることもないだろう。

 

きっと、それらを考える日。それらを教えてくれる日だ。

誕生日がなかったら成長をやめてしまうかもしれないな。

 

私に今足りないものはなんだろう。

 

美しい立ち振舞いを覚えたい。コミュニケーション力が欲しい。新しいことを勉強して資格を取りたい。新しい電子レンジが欲しい。ヨガとか始めたい。たらこごはんをお腹いっぱい食べたいし、洗面器で杏仁豆腐を作りたい。

 

私は今日、25歳になる。

 

後藤あゆみのプロフィール

1994年4月7日生まれ (カルロストシキとジャッキーチェンと同じ誕生日)。

北海道在住。普段は白衣をまとい臨床検査技師として細胞と戦う日々を過ごしています。

 

休日はDJ(House,Techno)、モデルをしています。

後藤あゆみと検索するとプロボクサーがヒットしますが、全くの別人です。

あまりにもヒットするので、もういっそのことボクシングをやった方がいいのかな?と思っています。

 

和服が好きで、北海道着物親善大使としても活動しています。呉服屋さんに借金しがち。

 

元バーテンダーなので酒は全般好きでわりと酒と共に生きています。

特に好きなのはシングルモルト。自宅のカウンターで猫を撫でながら飲んでいます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。