グレンフィディック ー クリスマスにおすすめのウィスキー

ちょっと小話。

どうも、酒女です。

もうすぐクリスマスですね。みなさんクリスマスはどのように過ごしますか?
私は仕事です。

 

クリスマスにオススメしたいウィスキーがあります。

グレンフィディック

 

あの、

 

スペイサイド地方の世界初シングルモルトウィスキーです。

三角錐のボトルが可愛らしくて一目惚れ。箱も可愛くて捨てられず、貯金箱にしてます。

私は「とりあえずビール」でなく「とりあえずグレンフィディック」という感じで飲んでます。

 

長時間発酵のフルーティーな香り。ストレートだと少し甘みを感じます。

ピートがきつくないので、スコッチウィスキー入門編といった印象です。ハイボールだと香りが立つし飲みやすいですよ。

 

クセの強いウィスキーばかり飲んでいましたが、最近またグレンフィディックに戻ってきました。

原点回帰、原点にして王道です。

 

グレンフィディック蒸留所は家族経営。創業当時は資金がなく、建物は手作り、蒸留機は中古物。満足な設備ではありませんでした。

1年の準備期間を経て、蒸留機から初めて1滴のスピリットが落ちた日が

1887年12月25日

クリスマスだったと言います。

なんだ、神か。待望の1滴は神の思し召しか。

 

当時はブレンデッドウィスキーが主流でしたが、積極的に世界に売り出すことで、シングルモルトウィスキーの魅力が広まっていきました。

 

一家総出でウィスキー作り、すごくないですか。

私はウィスキー大好きですが、父が「ウィスキー作るぞ」って言い出したら猛反対しますよ。普通に。しかも建物からでしょ。やだよ。

 

ウィスキー作りの熱意に家族が動いたんだろうなぁ。シングルモルト界をリードする、世界的に有名なウィスキーになりました。

 

 

そんなクリスマスにちなんだウィスキーです。

 

お こんなところにトナカイが

 

いいえ、これは鹿です。(フィディック=鹿)

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。