今日も今日とてテクノロジア魔法学校

どうも~今日も今日とてテクノロジア魔法学校を始めていきます~

 

前回まではコピペのやり方やドラッグ&ドロップのやり方など、パソコンの基本的な操作を習ってきましたが、次の章では結構難易度が上がり、プログラミングを本格的に学んでいきました~

 

この章ではなんと!!!

ミッキーやドナルド、グーフィーなどディズニーキャラクターたちが登場しました(●´Д`●)メチャカワ…

すべてのセリフを言うわけではないですが、音声もしっかりあります!!!

 

ディズニーの特権ですね…
お子さんもここで一気にテンションが上がりそう!!

 

教わっていることは結構難しいですが、1から自分で考えてプログラミングする!というよりは、こういう関数があって、こういう書き方をすると、こういう結果が得られるよ!真似っこして書いてみよう!的な感じなので、キーボードで文字を打てるぐらいの年齢になったらできるんじゃないかな~と思いますヽ(´∀`)ノ

 

ちなみに画面はこんな感じ!
ミッキーwith仲間たちから魔法書を貸してもらい、魔法(プログラミング)を学んでいきます!

いちいち画面のクオリティが高い_(°ω°」 ∠)_

今回はミッキーから魔法書をもらい、勉強を進めていきました。

 

ellipseやfillなどの関数を使って絵を描いてみよう!な内容だったので、堅苦しくなく楽しかったです(っ´▽`)っ

視覚的にすぐ変化が現れると楽しいものです。

そして今回からやっと!パソコンだけでなく教材(本)も使っていきます!

 

ストーリーを進めるとこんな感じで指令が出てきます↓

そんでもってシールを取り出すと・・・

おぉ…!なんかテンションあがる!

 

てな感じで、

プログラミング要素だけではなく、謎解きの要素も織り交ざっていて、別の楽しみ方もできます!

 

テクノロジア魔法学校をやっていて改めて思ったのですが、かわいいですよね、ミッキー。

子供から大人まで好きだから振り幅がすごい。

 

 

前の記事にも書きましたが、私の姪っ子ちゃんはディズニーが大好きで大好きで、とりあえず「●」が3つ揃ってそれっぽい形をしているとすぐさま「ミッキー」といいます(笑)

 

ツムツムも大好きで、日々グッズを姪っ子ちゃんに貢ぐおばさんなのですが、最近折り紙で立体的なツムツムを作れるという記事を見てしまい、これは作らねば…!と謎の使命感に駆られ、

えぇ、作りましたとも。2時間近くかけて(‘ᴗ’三Σ[___]

 

すごくないですか?!コレ全部折り紙なんですよ?!

 

いや、正確にはこの作り方を考えた人が一番すごい₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

でもこれは折り紙のレベルを超えた←

 

さて!話がそれましたが!笑

次回はドナルドの魔法書をやっていこうかと・・・!

今回から少し謎解き要素が入ってきたのでそれも楽しみ(o´▽`o)v

 

次はどういう内容なのかお楽しみに~

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。