音楽と共に10代を振り返る

どうも、DJ後藤あゆみです。

先日、普段あまり手をつけないところを片付けていたら、ある物を見つけました。

 

東芝の「gigabeat U」

 

小学校高学年、周りが突然「MP3プレイヤー」を持ち始め、音楽を携帯するということを知りました。

私がgigabeatを買ってもらったのは13歳。

薄型でスリム、シャープなデザイン。10年くらい前のものですが、今見てもかっこいいと思います。

 

そういえばMP3プレイヤーって、いつから持たなくなったんだろう。

あんなに流行ったiPodも、使ってる人を見なくなりました。

 

あの頃はわざわざCDから曲を取り込んで、MP3プレイヤーと同期させていました。

音楽を携帯するのには手間も時間もかかっていた、それでもイヤホンの繋がる先は必ずMP3プレイヤーでした。

しかし今はスマホがあれば、聴きたい曲をいつでも無限に聴けるし、曲を取り込む必要もない。

イヤホンの繋がる先はほとんどがスマホです。

今も音楽を聴くためだけに、MP3プレイヤーを持ち歩いている人がいるのかなぁ。

 

中学生から高校生の時まで、毎日持ち歩いていたため画面はキズだらけ。

長年同じ物を持ち続けないサッパリした性格で、物や思い出を過去に散々捨ててきた私。

昔の物は全て捨てたと思っていましたが、これだけは捨てられなかったようです。

見つけた時、部屋で1人静かに「おおおお…」と声をあげました。

 

中学生の時は何を聴いていたのかな、あまり思い出せないな。

静かにドキドキしながらそっと電源を入れてみました。

 

ライブラリを見てみると、

●ゴスペラーズ
●Keiko Lee
●久保田利伸
●Earth,wind&fire
●DAISHI DANCE
●quasimode
●小野リサ

 

あぁ、そうだった。こんな癖があったかもしれない。

同年代の友達と音楽の話が合うことはなかったなぁ。

 

握りしめていたgigabeatから不思議な力を感じて、私は10代の頃へフラッシュバックしました。

 

18歳、かわいい。(自分で言ってる)

 

中学生の頃、流行っていたのは嵐。とにかく嵐さんよ。

学校にジャニ誌の切り抜きを持ってきていた子がいました。

私は嵐が6人グループだと思っていて、「それはV6だ」とよく怒られました。

テレビをつければ嵐が出ない日はなく、ジャニーズに全く興味を示さなかった母もまんまと嵐に取り込まれました。先日のコンサートも相当楽しかったようで、帰ってきた母はイキイキして少し若返ったように見えました。

嵐が存在する限り、母の女性ホルモンは分泌され続けるように思う。

 

それと、EXILEの印象があります。

坊主に剃り込みを入れて、EXILEの影響受けちゃったよみたいな人をよく見ました。

私はEXILEがどんなグループかをよく知らず、「みんな歌うの?」とか「何代まであるの?」とか真剣に聞いちゃってました。

高校生でもその実態をつかむことができず、しまいにはサッカー選手とEXILEメンバーの見分けがつかないところまで重症化。そして今も、何人いるのかは知らない。

 

GReeeeNが急に出てきて、急にみんな歌い始めました。あの爆発的な勢いは衝撃でした。

あとミスチルやコブクロも、なんとなく耳にしていました。

 

そうだ、カラータイツやスキニーが流行り始め頃だったかもしれない。

リボンのついたカンカン帽とか、ヒッピーヘアバンドとか、いろんなものを頭に乗せていた時代がありました。

 

その頃の私といえば、学校と塾の行き来だけをしていました。

あまりテレビを見る時間がなく、流行にとにかく疎かったし、興味も示しませんでした。

 

なんとなく高校に進学し、まぁまぁ勉強し、現在は臨床検査技師。

振り返ってみると、過去の自分が現在の自分を作り上げているんだなぁ。

 

数々の人生の選択をしてきた結果が今の私。

今の人生の選択が未来の私を作る。

 

当たり前のことだけど、なんかすごい。

今日の夜ご飯の選択とか、明日着る服の選択とか、何気ないことも慎重になりそうです。

 

と、長い長いフラッシュバックでした。

 

以前、The New York Timesの「大人になってからの音楽の好みは、14歳の時に聴いた音楽で形成される」という記事を読みました。10代の時にリリースされた曲がその後の好みに影響を与えている、というような分析結果でした。

 

ということは、
私が今聴いているハウスやテクノは、ゴスペラーズの影響を受けているのか・・・?!

いや、なんか違う気がする。

 

小学生の時に映画「スウィングガールズ」を見てから、今もジャズが好きです。

毎年SAPPORO CITY JAZZを見に行き、今年は昼間からビール飲んで踊っていました。1人で。

ジャズバーに顔を出すことも。

ジャズってプレイヤー同士が楽器で会話しているような、アドリブや駆け引きがあって、生で観て聴くのが面白いんですよねぇ。

 

EW&Fは塾の送り迎えの車内で聴かされていて、ソウルやファンクが自然と体に染み付いていました。

「パパが中学生の時はねぇ、」とよくソウルを語っていた父を誘って、去年来日公演に行きました(社会人になって初の親孝行かもしれない)

 

父が子供の頃に聴いていたバンドが目の前にいるなんて、もう感激、めっちゃ泣いてた、私が。

というか父、14歳の時に聴いた音楽に影響されすぎなのでは。もう40年近く聴き続けていることになりますね。

 

あと今に繋がることといえば「流行の曲に興味がない」ということくらいでしょうか。

 

音楽に限らず、髪型もファッションもメイクも、全く流行がわかりません。

雑誌は滅多に買わないし、テレビは見ないので捨てました。

ずっと同じ系統のファッション、同じメイク。もしかしたら私は今、すごいダサい女なのかもしれない。

みんな、指摘しないでいてくれてありがとう。

あまりにも古かったらそっと教えてほしい。

 

全員に当てはまる結果ではないかもしれませんが、当たってる人もいるかも。

部屋で眠っているMP3プレイヤー、久しぶりに起こしてみませんか?

 

「音が、なんかなぁ…」

後藤あゆみのプロフィール

1994年4月7日生まれ (カルロストシキとジャッキーチェンと同じ誕生日)。

北海道在住。普段は白衣をまとい臨床検査技師として細胞と戦う日々を過ごしています。

 

休日はDJ(House,Techno)、モデルをしています。

後藤あゆみと検索するとプロボクサーがヒットしますが、全くの別人です。

あまりにもヒットするので、もういっそのことボクシングをやった方がいいのかな?と思っています。

 

和服が好きで、北海道着物親善大使としても活動しています。呉服屋さんに借金しがち。

 

元バーテンダーなので酒は全般好きでわりと酒と共に生きています。

特に好きなのはシングルモルト。自宅のカウンターで猫を撫でながら飲んでいます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。