時短のさっぱり角煮 〜今日からあなたも煮込みフレンズ〜

久しぶりの水戸煮込み。

 

煮込みは私にとってストレス発散の一部です。
人々が寝静まった頃、野菜を無心でトントントントン切り刻み、肉をコトコトコトコト延々と煮込む。
出来上がった時のホロホロ感に『ぉ、ぉおおおお〜///(興奮)』っとなるのが楽しくてたまらなく、長い時間かけて育てた食材たちが美味しく柔らかく変身したのが可愛くて愛おしくて仕方ないのです、、、。(分かるかなこの気持ち)

 

この間、このつまらないコラムを読んでくれていて(本当にありがとう、抱きしめたい)、「私も夜中に煮込んでる!」と言う煮込みフレンズに出会いました。お互いどんな気持ちで煮込んでいるのか話し合って、「わかるぅ〜〜〜!!!」と共感し合いました。我ながら地味だし陰気くさいわ〜と思っていたので、共感してくれる煮込みフレンズがいてくれて嬉しかった、、、。

 

なので皆さんにも是非ストレス発散に煮込みをオススメしたいのです。が、なんせ私の煮込みには時間がかかります。
角煮なんか作る時は気がつくと5〜6時間煮込んでいた事がありました。その時間にボーッとするのが至福の時なんですがね。
でもなかなかそんな事するの難しい。ええ、私も難しいです。

 

あと、5〜6時間もの間ボーッとしてる自分結構やばめと思ったのと、自分でやっててなんですけど、結構労力がいります。
最初はウキウキで始めたものの途中で飽きて、でも火かけてるし寝れねぇな、みたいになり、きー!さっさと煮えておしまい!と強火にしようもんならせっかくコトコト弱火で煮込んだものが台無しに、、、と、ストレス発散のはずが逆にストレス感じているというもはや何のためにやっているのか意味不明。(人生ってほんと矛盾の連続よね)

 

たまには時間のかかる煮込みもクイックに美味しく出来ないものだろうかと、今回はお酢さんの酸の力と、玉ねぎさんの酵素の力をお借りして、時短煮込みに初挑戦してみました。

 

と、そんな甘っちょろく優しいもんではなく、時間かけた方が美味いに決まっとんじゃ!アホゥ!こっちは何時間かけて作ってると思ってんじゃ!舐めとんかゴルァ!と、時短レシピに啖呵切って挑みました。

 時短のさっぱり角煮

・豚バラのかたまり肉——-600gくらい
・玉ねぎの薄切り————1個分
・にんにく——————3かけ
・皮付きのしょうが———-2かけ
・ねぎの青い部分————1本分

 

〈下ゆで用調味料〉
●酢———————1/2カップ
●︎酒———————1/2カップ
●︎水—–豚肉が浸かるくらい1カップくらい

 

〈味付け用調味料〉
○さとう——————–大さじ2
○︎しょうゆ—————-大さじ3〜4
○︎はちみつ—————-大さじ3

①仕込み

豚肉を切り分け、フォークでブスブス刺して繊維を断ち切ります。
味を染み込みやすく、柔らかくなりやすいように。

豚肉の大きさはiPhone8の横幅よりちょい小さめ。(分かりやすいんだか分かりにくいんだか)ちょっとでかいかなと思うかもしれませんが、前に作った時、鍋に入らないよ!と思って小さめに切ったら肉が固くなってしまったので大きめ推奨です。

②茹でこぼし

鍋にお湯を沸かして、豚肉を3〜4分ほど表面の色が変わるくらいに茹でます。余分な脂や臭みを落とす作業。ザルにあげて水気を切ります。

③焼く

フライパンにサラダ油を大さじ1くらい、ちょい多めにしいて、豚肉の脂身を下にして並べます。表面にこんがりと焼き色がつくまで焼きます。ここでも余分な脂を落とす&味なじみアップです。

 

そしてフライパンに出た余分な脂を計ってみると、大さじ1だったサラダ油が、、、

見て!こんなに脂が!脂は油に吸い寄せられ、余分な脂が油へ流れ出て行くらしい。ここでも油のおかげで脂カットです。(ややこし)

④下ゆで

いい焼き色がついたら、下ゆで。
鍋に豚肉、酢、酒、玉ねぎを肉の上にかぶせるようにのせて、にんにく、しょうが、ねぎの青いところも。最後に水をまわし入れます。豚肉がひたひたになるくらいでオケ。

 

厚手のキッチンペーパーで落し蓋(キッチンペーパーにするとアクをとる手間が省けるらしい!)。

さらにちょっとずらして蓋をして(吹きこぼれ防止)弱めの中火で20分ほど煮る。

私はいつもこの下ゆでに5時間とかかける訳です。

さあ、酢と玉ねぎよ、実力を見せてくれたまへー。

 

20分後。この時点でもちょっといい雰囲気ですが、いやいや20分て。いつもの私の1/15の時間だぜ舐めてんのか。やはり所詮は酢と玉ねぎ、理想にはまだまだ〜。

⑤味付け

さとう、しょうゆ、はちみつ。

味付け調味料を入れて、また落し蓋と蓋をしてさらに20分くらい。

 

さぁさ、20分後。

下ゆでから合わせると40分くらい。
お、おお。かなりいい感じ。ホロホロ感あります。味をみて、もうちょっと足したかったので少し味を足してさらに10分ほど。

出来た。

え、ちょ、

めっちゃ柔らかいしーーー!!!!!!

 

5〜6時間煮込んだ時にかなり近い柔らかさ、、、これはちょっと感動しました。
恐るべし酢と玉ねぎ。酸と酵素の力。
酢がお肉を柔らかくする話は聞いた事がありましたが、酢の煮込みってあんまりピンと来てなくて。どうせ酸っぱいんでしょと思ってあんまり作る気してなかったのですが、さてお味は。

、、、。

!!!!!

めちゃめちゃ美味しいー!

 

酸っぱさは思ったほど無くて、むしろこのさっぱりさがかなり私好み。そしてトロトロになった玉ねぎの甘みよ。この味の方が好きかもしれない、、。
酢と玉ねぎに謝りたい。まじでごめん。

 

これは私の定番レシピになりそうです。

皆さんも是非作ってみて。

さあ、今日からあなたも煮込みフレンズ。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。