ラフロイグ10年ハイボールで酒女として生きることになった

どうも、酒女です。

 

 

お酒飲みながら書いてるときは「自分おもしろ!アッ天才!」と思ってるが、翌朝読み返すと意味不明なんですよねぇ。

 

ほぼ毎日晩酌をしている。カウンターに座り、たくさんのボトルの顔を眺めて目が合ったものを選んでいる。お酒のボトルには顔がある、と言うとだいたい引かれるがマジで顔がある。よく見てほしい。

 

お酒を飲みながら猫を撫でたり、ハウスを聴いたり、本を読んだりしている。
今回はどのようにして私が酒(無しでは生きられない)女になったのかをお話したい。

 

学生時代に「バーのスーツが着たい」というしょうもない理由でバーでアルバイトを始めた。お酒もあまり飲んだことがなく働きながら学んでいたのだが、あるとき「ウィスキーがどんな味か」聞かれて考えてみたところ、一回も飲んだことがなかったことに気づき、バイト帰りに飲みに行ってみたのだ。

 

ラフロイグ10年ハイボール

 

 

ラフロイグ10年ハイボール。ボトルがかっこよかったから、という理由で初心者なのに特に臭いものを選んでしまう。

 

無知は怖い。隣のおじさんが私を横目で見て「えぇ…」と若干引いているが気にしない。最初の一口、あまりの衝撃に目を見開いた。口に入れた時の刺激と、鼻から抜けるピートの香りがたまらない。

 

 

息を吐くのと同時に全身の力が抜けて、気持ちよくなってヘラヘラと笑いだす。やばい粉のレビューじゃないですよ。れっきとしたハイボールの話です。

飲み終わる頃にはすっかり虜になっていた。

 

このラフロイグ、ハイボールだと香りの立ち上りがよく、加水すると若干甘みを感じられ、ストレートだとアイラの癖を存分に楽しめる。ウィスキーは割り方やグラスによって印象が変わるし、それぞれ個性があってその土地や歴史を感じられる。そんなウィスキーの魅力に惹かれ、私はまんまと酒女になってしまったのだ。

 

お酒を飲むときはボトルの顔やお酒の歴史をアテにして飲んでみてほしい。あと、ウィスキーを一緒に飲んでくれる同世代の友達がいないので酒女募集中です。

 

<撮影協力>
セント・ジョンズ・ウッド

http://www.sjw.k-ai.jp/

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。